ブログ
Blog

素人がたった2ヶ月で脊柱管狭窄症を…

2020年1月29日 magazine
執筆者:村地友寛

こんにちは。JTAフラッシュリプロ療法ナビゲーターの村地です。

【JTAパーフェクトマスター講座第2期】では現在、100名以上の方々が一緒に学ばれています。

受講生は治療家の先生方だけでなく、なかには未経験の方もいらっしゃいます。

奥様や親、お子さんなどご家族や身近な人にJTA施術をされているケースです。

本日ご紹介する大分県のKさんもそんな1人。

治療家ではありません。

年末年始に実家に帰った際に、お母さまにJTA施術をしたそうです。

そのお母さまの状況ですが・・・

================
昨年、脊柱管狭窄症手術の手術をして
4番が完全につぶれていたので背中をざっくりと切って人口のものに交換した。
その後の経過は、痛みはとれたが続けて歩くことができない5分も歩いたらいっぱいいっぱい。
腰がかなり曲がっていて、曲げながらじゃないと歩けない。
================
とのことでした。

そしてKさんが検査したところ、、、
○○筋と○○筋が過緊張している
「これはJTAで習った■■型だ」と判断。

弱っている筋肉をJTAで習った通りに促通したところ、、、

腰が曲がらずにスーッと立てた!!
施術した自分自身がビックリ(笑)

お母さまも「何年振りかでこんなに高い視点からモノを見た」とのことだったそうです。

「母親が遠方なので頻繁には施術できないが セルフケアを指導して現在も調子がいいとの 報告を受けています。」

とのご報告でした。

いやー、素晴らしいですね!

ちなみにこのときのKさんJTAを学んでまだたった2ヶ月なんですよね。

こんな短期間で、治療未経験の方でも医療機関やプロ治療家さん以上に結果が出せている。

いやー、あらためてJTAの再現性もスゴイな~と思います。

そういえば、笹川先生は日ごろからよくこんなふうに言っています。

「JTAは治療というよりも科学に近い」
「誰がやっても同じように結果出るから」
「その人それぞれの手の感覚とか関係ない」

まさにその事実を垣間見た印象です。

Kさん、あらためまして素晴らしいご感想をありがとうございました!

これまでにJTAを学ばれた、もしくは現在学んでいる皆様、引き続き頑張っていきましょう!

そして今後習得してみたいあなた、いまのところは未定ですが、告知する際はまたこのメルマガかLINEなどで告知させていただきますね!

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

JTAナビゲーター村地友寛

【JTAメルマガの登録はコチラ】

毎週水曜日に最新のJTA情報を配信しています。

村地友寛

村地友寛(むらちともひろ)

整体師、整体スクール代表、治療家向け教育サポート事業の3つの顔を持つ。

教育サポート事業では、「素晴らしい治療法を世の中に広め、治療家業界全体でレベルアップして社会に貢献していく」という思いのもと活動している。

自分自身も過去にJTAを習得し、笹川先生による“これまでの常識を覆す革命的な治癒理論と治療法”に衝撃を受け、世の中に広める活動に協力させていただくことを決意。

治療家がレベルアップすることで、患者さんの喜びも増える世の中を目指して邁進している。