ブログ
Blog

小胸筋の緊張を取る秘訣

2019年5月29日 magazine
執筆者:笹川大瑛

こんにちは!理学療法士の笹川です。

今日のメルマガでは肩の痛みや肩こりを
改善させるときに多く多用する

“小胸筋の緊張の落とし方”

についてお話します。

これができるようになれば

一発で巻き肩を治せるようになったり、
肩の屈曲時の痛みを劇的に改善させたり、
胸郭出口症候群、頚肩腕症候群といった、
理由が分からないけど痺れ、痛みが生じている。。。

という症例をかなり改善できるようになります。

近年ですが

筋膜リリースや皮膚の運動など
筋以外の動きに着目された治療が
流行しています。

その中でもこの小胸筋の過緊張は
非常に厄介であり、

「マッサージしても緊張が取れない」

「インナーマッスルを働かせてもゆるまない」

など、多くの治療家を悩ませています。

そもそも

科学的な研究では“筋緊張”を計測することが難しいのですが、

なぜ難しいのかは人によって
筋緊張の正常、異常をあらわす指標が
一定ではないからです。

簡単にいうと

元々、筋肉が固い人もいれば柔らかい人も
いるので“正常はコレだ!”と言えないのです。

では、

この“小胸筋の過緊張”をどのように
調べて治療した結果を診ればよいのかを
知ることができれば

「明らかに治療によって小胸筋の緊張が改善した」

ということができますよね?

ですので、今日は小胸筋の緊張の調べ方と治療について学びましょう。

小胸筋は烏口突起(うこうとっき)を
介して烏口腕筋とつながっています。

筋肉は別なのですが
繊維が結合しているため同時に
緊張を高めます。

そして、この二つの筋の
緊張が上がっているときは必ず
“肩関節の内旋制限”が引き起こされています。

まずは小胸筋の圧痛を取ったうえで
肩の内旋可動域を調べます。

肩の内旋可動域を調べるときは
角度で調べても意味がないのですが
肩を内旋した時に“肩甲骨の前傾”が
生じるのかを観察することが重要です。

つまり

小胸筋に圧痛が取れる

肩内旋時に肩甲骨前傾が生じる

= 小胸筋の過緊張は間違いない

という状態になります。

小胸筋の緊張が上がる理由は
以前のメルマガにも書きましたが
肩関節の内旋筋である

“肩甲下筋の筋力低下”

で生じます。

肩甲下筋の収縮は大胸筋の代償が入らない
ポジションで行い、その後に小胸筋の
圧痛と肩関節の内旋動作を観察します。

圧痛と可動域が変わっていれば

“間違いなく小胸筋はゆるんだ”

と断定することができるのです。

この状態で治療を終えてみると
結構、簡単に巻き肩を治せたり
手のしびれや走るような痛みは取れます^_^

ぜひ

自分で評価してみて、観察してみて
治療結果を正確に判断するというステップを
繰り返し治療技術を高めていただきたいと思います!!

【JTAメルマガの登録はコチラ】

毎週月曜日、水曜日、金曜日に最新のJTA情報を配信しています。

笹川大瑛

笹川大瑛(ささかわひろひで)

剣道五段。スポーツを科学で上達できないのか模索し続けて、現在も理学療法士として姿勢や運動の研究をしている。自分で関節の痛みを改善できる「関トレ」を出版。人の動きを根本的に変えていくことを得意としており、関節の痛みだけではなく、トップアスリートのパフォーマンス向上にも貢献している。

また、治療法としての「JTAフラッシュリプロ療法」を考案し、理学療法士などのリハビリ職種だけではなく、柔道整復師、鍼灸師、整体師、これから整体師になりたい人向けに誰でも関節の痛みを改善させられる技術を教えている。過去の教え子は、国内では北海道から沖縄まで、また、イタリアやオーストラリタなど海外も含めて200名以上。

・JTAを習得して半年後にはプロ野球選手と契約
・週3日夕方からだけの営業で月商200万円以上
・学生にも関わらず治療オファーがやまず、学校に行きながらも空き時間だけで月商50万円以上
・人口の少ない山の中の田舎治療院にもかかわず、2ヶ月先まで予約でいっぱいに。
・素人の主婦や美容師でも圧倒的な自信を持つ治療技術を身につけ、プロ治療院でも治せない不調に対応。

などなど、治療技術を誰でも向上させることを得意としている。

「関節の痛みのない世の中を実現する」

というビジョンを掲げ、治療家コミュニティを運営し「本当に治せる治療家」の育成に尽力している。

PAGETOP