ブログ
Blog

腰だけ診ても痛みは取れない

2019年2月27日 magazine
執筆者:笹川大瑛

こんにちは!理学療法士の笹川です!

前回のメルマガでは腰痛に強く関与する筋として、腸腰筋と多裂筋が単独で効かないと改善しないということをお話ししました。

今日のお話は、さらに深い内容になりますが

「腸腰筋や多裂筋が働くためには、共同筋(隣の関節の筋)も重要」

というお話をします。

たとえば、

腸腰筋というのは股関節を
屈曲(曲げる)するときに働きますが、
同時に腹斜筋が働き前鋸筋も同時に働きます。

多裂筋は科学的に証明されていますが、
内転筋と同時に働く筋であり、菱形筋とも
同時に働きます。

腰痛が生じている時

腸腰筋と多裂筋が腰椎を支えられていない状況です。

しかし、

腸腰筋や多裂筋が収縮できない理由は、


腸腰筋なら前鋸筋とか、
多裂筋なら内転筋、菱形筋など
隣接関節の影響もあるわけです。

ですので私がもし腰痛を治療したときの第一選択として

1 腸腰筋と多裂筋の促通

を行いますが改善しなかった場合、

2 肩甲帯の促通

3 それでも改善しなかった場合、膝関節や足部の促通

というように、
隣接関節の影響により
腸腰筋や多裂筋が収縮できないのでは
ないかと調べていくわけです。

この手順の1,2でほぼ腰痛は改善します。

が、まれに膝からや足部の影響を
受ける患者さんも1割くらいはいます。

こういった小さな異変に
気が付けるのかは治療家としての
腕の見せ所だと私は感じています。

私は何も考えなくても、
治療方法さえ間違っていなければ、
ド素人の一年目治療家さんでも治せる
治療家になれると確信しています。

しかし、

こういった患者さんの小さな異変、
変化に疎い治療家さんはやはり成長が
遅いと感じています。

私はどちらかというと

「腰が痛いのは、手首からの筋膜が固くて・・・」

という類の治療は好きではありません。

胡散臭いですし、再現性にも乏しいからです(笑)

なぜ隣接関節の治療をすると改善するのか

疑問が出ると思いますが、ただ単に

「前鋸筋の促通後、腸腰筋はその場で筋力が改善するから」

です。多裂筋も同じで、菱形筋や内転筋を促通した後は、多裂筋の筋力は確実に向上します。

こういった地道な

『仮説 ⇒ 検証』ができる治療家さんは
難しい症例が来ても自分で治す能力に長けています^_^

治らない治療法をやめれば
確実に患者さんは良い方向へ
向かいますのでぜひ実践してみてください!!

【JTAメルマガの登録はコチラ】

毎週月曜日、水曜日、金曜日に最新のJTA情報を配信しています。

笹川大瑛

笹川大瑛(ささかわひろひで)

剣道五段。スポーツを科学で上達できないのか模索し続けて、現在も理学療法士として姿勢や運動の研究をしている。自分で関節の痛みを改善できる「関トレ」を出版。人の動きを根本的に変えていくことを得意としており、関節の痛みだけではなく、トップアスリートのパフォーマンス向上にも貢献している。

また、治療法としての「JTAフラッシュリプロ療法」を考案し、理学療法士などのリハビリ職種だけではなく、柔道整復師、鍼灸師、整体師、これから整体師になりたい人向けに誰でも関節の痛みを改善させられる技術を教えている。過去の教え子は、国内では北海道から沖縄まで、また、イタリアやオーストラリタなど海外も含めて200名以上。

・JTAを習得して半年後にはプロ野球選手と契約
・週3日夕方からだけの営業で月商200万円以上
・学生にも関わらず治療オファーがやまず、学校に行きながらも空き時間だけで月商50万円以上
・人口の少ない山の中の田舎治療院にもかかわず、2ヶ月先まで予約でいっぱいに。
・素人の主婦や美容師でも圧倒的な自信を持つ治療技術を身につけ、プロ治療院でも治せない不調に対応。

などなど、治療技術を誰でも向上させることを得意としている。

「関節の痛みのない世の中を実現する」

というビジョンを掲げ、治療家コミュニティを運営し「本当に治せる治療家」の育成に尽力している。

PAGETOP