ブログ
Blog

学ぶのをやめました

2019年8月7日 magazine
執筆者:笹川大瑛

こんにちは!理学療法士の笹川です。

私は理学療法士になって二年目の終わりには
「膝や腰、股関節の痛みなら、確実に治せるな」と
確信をもって治療していました。

国家資格を取って一年目の時に、
あることを知り急激に自分の技術が
進化したのを覚えています。

それは、

理学療法士のトップレベルの人の技術を見た

時です。

肩や股関節の分野で
理学療法士のトップといわれる先生の
セミナーに参加しました。

その時に私は

「おそらく、この先生に弟子入りしても

患者さんを治せるようにならないな。。。

そして先生自身も確信をもって治療していない。。。」

ということが分かりました。

当時の私の心理としては

「誰かが治せる答えを知っている」

と思って、色んなところへ勉強しては
書籍や文献を読み漁っていました。

しかし、実際にセミナーに行って

『トップレベルでも分からないことだらけ』

と分かった瞬間に
私は学ぶのをやめました。

学ぶのではなく、自分で探さないといけないと思ったのです。

それから、

自分の体で実験してみたり
患者さんの体の変化をとにかく
細かく記録していきました。

今までやってきた治療をやめても
新しく考えた治療によって効果が
変わらなければ、不必要な治療だと
いうことも分かります。

とにかく実践して記録、そして無駄をそぎ落とす

これを繰り返しました。

結果、

理学療法士ほど知識がなくても、
誰でも同じ治療をすれば同じ結果が
得られることが分かったのです。

結果が出なかったときは
本当に辛くて、患者さんに
申し訳ないと思っていましたが

『問題に立ち向かう』

というのは重要なのではないかと思います。

【JTAメルマガの登録はコチラ】

毎週水曜日に最新のJTA情報を配信しています。

笹川大瑛

笹川大瑛(ささかわひろひで)

剣道五段。スポーツを科学で上達できないのか模索し続けて、現在も理学療法士として姿勢や運動の研究をしている。自分で関節の痛みを改善できる「関トレ」を出版。人の動きを根本的に変えていくことを得意としており、関節の痛みだけではなく、トップアスリートのパフォーマンス向上にも貢献している。

また、治療法としての「JTAフラッシュリプロ療法」を考案し、理学療法士などのリハビリ職種だけではなく、柔道整復師、鍼灸師、整体師、これから整体師になりたい人向けに誰でも関節の痛みを改善させられる技術を教えている。

過去の教え子は、国内では北海道から沖縄まで、また、イタリアやオーストラリタなど海外も含めて200名以上。

・JTAを習得して半年後にはプロ野球選手と契約
・週3日夕方からだけの営業で月商200万円以上
・学生にも関わらず治療オファーがやまず、学校に行きながらも空き時間だけで月商50万円以上
・人口の少ない山の中の田舎治療院にもかかわず、2ヶ月先まで予約でいっぱいに。
・素人の主婦や美容師でも圧倒的な自信を持つ治療技術を身につけ、プロ治療院でも治せない不調に対応。

などなど、治療技術を誰でも向上させることを得意としている。

「関節の痛みのない世の中を実現する」

というビジョンを掲げ、治療家コミュニティを運営し「本当に治せる治療家」の育成に尽力している。