ブログ
Blog

電気治療は時間のムダ!?

2020年6月1日 magazine
執筆者:笹川大瑛

こんにちは!
日本身体運動科学研究所
代表の笹川です。

徒手療法や運動療法の勉強ばかりしていると

「電気治療は邪道」

とか、時間稼ぎと思っている人も結構います(笑)

私は基本的に
「患者さんが改善するなら何をしてもよい」

というスタンスなので、
電気治療も多く使います。

場合によっては5000円くらいの
家庭用の電気パッドも治療として
使います。

〇〇パッドっていう
腹筋を割ってくれる機械でも
普通にリハビリできるくらい使えます。

今日は電気治療に関して
ご質問いただいたのでそちらに関して
回答するメルマガにしたいと思います!

ご質問は以下の内容です。

===========
お世話になります。

いつも勉強させて頂いております。

質問ですが、整骨院等では通常、治療として電気機器を使用しますが、笹川先生は電気治療については

どのようにお考えでしょうか?

効果があるとすれば、笹川先生が思う通電のやり方や有効である電気機器などを教えて頂きたいです。

宜しくお願い致します。
===========

私がまず率先しておこなう患者さんは
脳卒中患者さんには電気治療を行います。

肩関節が筋緊張の異常により
亜脱臼してしまい肩が痛くなります。

ひどくなると
肩手症候群(かたてしょうこうぐん)といって

腕がだるく痛みが続いて血流も悪くなる
症状が出ることもあるので、電気治療で
筋緊張を変化させることで痛みを取ります。

「肩手症候群は非常に厄介」

とリハビリ業界では通説です。

痛がりますし、患者さんも嫌がるし
それでも拘縮しないようにということで
可動域訓練、ストレッチしなきゃいけない。。。

で、肩手症候群は交感神経の興奮しすぎが原因です。

交感神経は頚椎にありますので
肩甲骨から頸部の筋をゆるめるために
電気を使えば肩手症候群は1〜2週間くらいで
速攻で改善していきます。

リハビリの業界では

・三角筋後部線維

とかに電気当てると改善する、と
言われていますが私でしたら

『前鋸筋、菱形筋、上腕三頭筋』

この3つに電気を当てます。

そうすることで頸部を固くする
・胸鎖乳突筋
・斜角筋

これらをゆるめてくれるので
結果として交感神経の興奮が
収まり腕のだるさ、痛み、血流不全は
改善していくのです。

電気治療も当てるところを
考慮すれば関節痛もかなり改善します。

変形性膝関節症の痛みも改善しますし
椎間板ヘルニアによって足首が上がらない場合は

電気治療+運動療法

で、全く動けない状態からでも
日常生活くらいまでは改善します。

電気治療する目安としては

「抵抗運動ができるかどうか」

で判断します。

専門的にいうと
MMT(マニュアルマッスルテスト)で
3未満の患者さんには電気治療したほうが
改善していきます。

※MMT3未満ということは
 重力に逆らうくらいの力がないと
 いうことです。

なんだか難しい〜

という方は肩の痛みやだるさには
・前鋸筋
・菱形筋
・上腕三頭筋

にとりあえず電気してみてください(笑)

改善しますので。

そんな感じで私も症例によっては
積極的に電気治療もおこないますので

「どうしたら患者さんは最短で良くなるか」

そのためにも、正確に患者さんの
状態を把握できる検査、評価が必要と
なるわけです^_^

また、ご質問等あったら
回答していきたいと思います。

【JTAメルマガの登録はコチラ】

毎週月曜日、水曜日、金曜日に最新のJTA情報を配信しています。

笹川大瑛

笹川大瑛(ささかわひろひで)

剣道五段。スポーツを科学で上達できないのか模索し続けて、現在も理学療法士として姿勢や運動の研究をしている。自分で関節の痛みを改善できる「関トレ」を出版。人の動きを根本的に変えていくことを得意としており、関節の痛みだけではなく、トップアスリートのパフォーマンス向上にも貢献している。

また、治療法としての「JTAフラッシュリプロ療法」を考案し、理学療法士などのリハビリ職種だけではなく、柔道整復師、鍼灸師、整体師、これから整体師になりたい人向けに誰でも関節の痛みを改善させられる技術を教えている。過去の教え子は、国内では北海道から沖縄まで、また、イタリアやオーストラリタなど海外も含めて200名以上。

・JTAを習得して半年後にはプロ野球選手と契約
・週3日夕方からだけの営業で月商200万円以上
・学生にも関わらず治療オファーがやまず、学校に行きながらも空き時間だけで月商50万円以上
・人口の少ない山の中の田舎治療院にもかかわず、2ヶ月先まで予約でいっぱいに。
・素人の主婦や美容師でも圧倒的な自信を持つ治療技術を身につけ、プロ治療院でも治せない不調に対応。

などなど、治療技術を誰でも向上させることを得意としている。

「関節の痛みのない世の中を実現する」

というビジョンを掲げ、治療家コミュニティを運営し「本当に治せる治療家」の育成に尽力している。

PAGETOP