ブログ
Blog

存在の意義

2020年8月14日 magazine
執筆者:笹川大瑛

こんにちは!
日本身体運動科学研究所 代表の笹川です。

毎日とても暑いですが、いかがお過ごしですか?

私は事業を大きくするための
セミナーに参加していました。

そんな中、8月12日に
北海道の実家で飼っていた愛犬が亡くなりました。

実家にいるわけではないので、
いつも私が世話をしているわけではありません。

私の実家は牧場なのですが
畑に行くときも、馬小屋で仕事をするときも
愛犬がついてきて家族の癒しになっていました。

今年の冬を越えられるか。。。

というくらい
かなり年を取っていたのですが、
この夏に命は尽きてしまいました。

犬も人も必ず死を迎えるわけですが、
存在すること自体に意義があるんじゃないかと思っています。

私が知っているだけでも
地元中学の同級生が3名亡くなっています。

いつも会っているわけではないのですが
「彼らにもう会うことができない」という
喪失感はあります。

実家で犬を可愛がっていた母も
「まだ実感が湧かないけど
子ども達が巣立つよりも寂しいかも」

と言っていました。

『生きていること自体が尊い』わけで
もっと身近な人を大切にしていきたいと
思います。

限られ与えられた命の中で
自分がやり遂げたいことを
やり抜くしかないですね。

多くの素晴らしい技術を持った
セラピスト、治療家さんが増えるよう
全力で頑張ります。

また、これから介護事業である
機能訓練デイサービスを
始めることになりました。

もっと世の中に
体を健康的に動かせる感動や可能性を
伝えていきたいと思っています。

■LINE
https://lin.ee/f4TXnTl

※いまLINE登録された方には
・「JTA式セルフケア動画」
・「治療動画」
をプレゼント中!

■YouTubeチャンネル
「関節トレーニング笹川ひろひで」
https://bit.ly/2wD2Lll

■日本JTA協会公式ホームページ
https://jta-ass.com/

■ブログ
https://jta-ass.com/blog/

■メール
jta@realpage.jp

【JTAメルマガの登録はコチラ】

毎週月曜日、水曜日、金曜日に最新のJTA情報を配信しています。

笹川大瑛

笹川大瑛(ささかわひろひで)

剣道五段。スポーツを科学で上達できないのか模索し続けて、現在も理学療法士として姿勢や運動の研究をしている。自分で関節の痛みを改善できる「関トレ」を出版。人の動きを根本的に変えていくことを得意としており、関節の痛みだけではなく、トップアスリートのパフォーマンス向上にも貢献している。

また、治療法としての「JTAフラッシュリプロ療法」を考案し、理学療法士などのリハビリ職種だけではなく、柔道整復師、鍼灸師、整体師、これから整体師になりたい人向けに誰でも関節の痛みを改善させられる技術を教えている。過去の教え子は、国内では北海道から沖縄まで、また、イタリアやオーストラリタなど海外も含めて200名以上。

・JTAを習得して半年後にはプロ野球選手と契約
・週3日夕方からだけの営業で月商200万円以上
・学生にも関わらず治療オファーがやまず、学校に行きながらも空き時間だけで月商50万円以上
・人口の少ない山の中の田舎治療院にもかかわず、2ヶ月先まで予約でいっぱいに。
・素人の主婦や美容師でも圧倒的な自信を持つ治療技術を身につけ、プロ治療院でも治せない不調に対応。

などなど、治療技術を誰でも向上させることを得意としている。

「関節の痛みのない世の中を実現する」

というビジョンを掲げ、治療家コミュニティを運営し「本当に治せる治療家」の育成に尽力している。

PAGETOP