ブログ
Blog

どんな症状にも対応できますか?

2022年7月11日 magazine
執筆者:竹本政和

こんにちは。
JTA認定インストラクターの竹本です。

この前、JTA卒業生にインタビューをさせていただていて、
「そうそう、分かる分かる!」って思ったことがいくつもありましたが、

今回はそのうちの一つ、
「どんな患者さんが来ても、自信を持って対応できるようになりました!」
ということについてお話ししたいと思います。

これって、本当に、JTAメンバーには「あるある」かもしれませんが、

JTAは、
「ぎっくり腰の人にはこれ」
「脊柱管狭窄症の人にはこれ」
「ヘルニアの人にはこれ」
「四十肩の人にはこれ」
などなど・・・
症状によって使い分けるテクニックがあるのではなく、
どの症状でも、見るべきポイントっていうのが決まってます!

しかも、
それが、手から足まで全身にあるので、
指先のような小さな関節の痛みでも、聞いたことがないようなマニアックな症例でも、
良くなっちゃいます(^^)v

実際に、竹本も、
地元、埼玉県の川口市で「東川口まるか腰痛整体院」
という屋号で整体院をしているので、
やはり、メインは腰痛の患者さんですし、腰痛に関しては得意です!!

ただ、昨日来た患者さん、
腰痛で通っている人なのですが、
「ゴルフの練習で腱鞘炎になってしまった」とのこと。

正直、JTAを習う以前であれば、
「あまりやったことないし、ストレッチくらいしか出来ないかなぁ・・・」
という感じだったでしょうが、

その場で、「大丈夫ですよ」って、
ちゃんと手首の可動域や痛みを改善する
と共に、
「なぜ腱鞘炎になってしまうのか?」

一般論ではなく、
「あなたの場合は、こういう理由だから、手首に負担がかかって、腱鞘炎になってしまうので、このセルフケアやってみてください」
って自信を持ってお伝えできました(^^)v

同じ腱鞘炎でも、
・手首が原因の人、
・指が原因の人、
・肩が原因の人、
さらには、・股関節が原因の人
などなど、人によって様々です。

JTAの卒業生であれば、それを見抜けると思いますが、
あなたは見抜けますか?

こんな感じで、「どんな患者さんが来ても、慌てずに、自信を持って対応できるようになること」
これも、JTAの凄さだなぁ・・・
ってインタビューしてて、そして、自分でも体験して、
つくづく思いました!

こうなれると、「どんな症状でも、この先生に任せておけば大丈夫!」って思ってもらえて、
お客さん、患者さんとの信頼関係も築けますよね^_−☆

■LINE
https://lin.ee/f4TXnTl

※いまLINE登録された方には
・「JTA式セルフケア動画」
・「治療動画」
をプレゼント中!

■YouTubeチャンネル
「関節トレーニング笹川ひろひで」
https://bit.ly/2wD2Lll

■日本JTA協会公式ホームページ
https://jta-ass.com/

■ブログ
https://jta-ass.com/blog/

■メール
jta@realpage.jp

【JTAメルマガの登録はコチラ】

毎週月曜日、水曜日、金曜日に最新のJTA情報を配信しています。

竹本政和

竹本政和(たけもとまさかず)

埼玉県川口市で整体院を経営すると共に、
全国の治療家・セラピスト・インストラクターなどに向け、オンラインやリアル会場でのセミナー・スクールを開催。

その一環で、JTA認定インストラクターとして、
笹川先生と共に、「JTAパーフェクトマスター講座」、
「関節トレーニング講座」などを通じて、
一般の方から、プロの治療家まで、多数の指導経験を持つ。

そして、今では、笹川先生に代わって、東京の朝日カルチャーセンター立川にて、「関節トレーニング」の教室を担当。

「関節の痛みのない世界を実現する」という笹川先生のビジョンをより多くの人に伝えるべく奔走中。

PAGETOP