ブログ
Blog

技術の極め方

2019年7月3日 magazine
執筆者:笹川大瑛

こんにちは!理学療法士の笹川です!

今日はいつものメルマガとは
少し抽象度の高いお話になります。

今日のメルマガを理解するだけでも、
今まで治療結果が出るときと出ない時の
違いが分かるようになったりしますので、
ぜひお読みください^_^

私たち治療家は

同じ先生から、
同じ技術を学んだとしても

学んだ治療家間ではどうしても
技術習得に差が出てしまいます。

治療技術を学ぶうえで
私が最も重視しているのは
”違いに気がつく”ということです。

たとえば

運動学を覚えるとしましょう。

大殿筋の筋の働きを覚えなさい、といわれてしまうと…

大殿筋の作用

・股関節伸展
・股関節内転(下部繊維)
・股関節外転(上部繊維)
・股関節外旋

などこれらの用語を覚えようとします。

でも、他にも筋はたくさんありますし、
他の筋の作用も全部覚えるのは大変だと
思いますよね?私も学生時代、苦労しました(笑)

でも、大殿筋の作用は一つも覚える必要がなくて

大殿筋の走行と股関節の位置をイメージできれば

・体を横から見たとき(矢状面)、股関節の後ろを大殿筋が通っているので伸展

・体を上から見たとき(水平面)、股関節が開く方向へ筋肉が縮むので外旋
・体を後ろから見たとき(前額面)、股関節よりも上側の大殿筋は外転させ、下側の大殿筋は内転

というように、大殿筋の作用は覚えなくても

“筋肉の走行と関節の位置だけ”

覚えていれば、全ての筋肉の働きが分かるわけです。

なぜなら、筋肉はゴムと一緒で
『筋肉の端と端が近づくだけの働くというルール』が
あるからです。

つまり、意味や考え方のルールを
知ってしまえば、作用をすべて覚えるという
ことはする必要がなくなります。

筋の作用

は全く覚える必要がないです。ですが、

筋がどのように骨へ付着しているのか
筋と関節はどんな位置関係にあるのか

は、覚える必要があるということなんです^_^

 “覚え方の違いに気がつく“だけで一気に学びが加速します。

人は誰でも一生懸命学び、頑張っています。

頑張っても成果が出ない時も多いですが、

「今まで間違ったことをしていたな」

と違いに気が付くことができたときに、あなたの技術が進化します。

もし技術が向上していないな~っていう場合は以下の段階のどれかです。

  • 結果の違いに気が付かない
  • 正しいかどうかの判断・選択ができない
  • 練習不足

逆に、

違いに気が付いて、
正しい判断・選択ができ、
練習をしっかりする、

そしてこのサイクルを繰り返すことで
無限に技術は上げられます^_^

じゃ、そもそも

「結果の違いに気が付くためには、どうすればいいの!?」

となりますが、

「それ(結果)を構成しているものは何なのか?」

を自分で問うことです。

ちょっと面倒ですけど笑、治療が上手くいった時といかなかった時には必ず“違い”が存在します。

それが、何であるか、言語化してみると良いですね!

【JTAメルマガの登録はコチラ】

毎週月曜日、水曜日、金曜日に最新のJTA情報を配信しています。

笹川大瑛

笹川大瑛(ささかわひろひで)

剣道五段。スポーツを科学で上達できないのか模索し続けて、現在も理学療法士として姿勢や運動の研究をしている。自分で関節の痛みを改善できる「関トレ」を出版。人の動きを根本的に変えていくことを得意としており、関節の痛みだけではなく、トップアスリートのパフォーマンス向上にも貢献している。

また、治療法としての「JTAフラッシュリプロ療法」を考案し、理学療法士などのリハビリ職種だけではなく、柔道整復師、鍼灸師、整体師、これから整体師になりたい人向けに誰でも関節の痛みを改善させられる技術を教えている。過去の教え子は、国内では北海道から沖縄まで、また、イタリアやオーストラリタなど海外も含めて200名以上。

・JTAを習得して半年後にはプロ野球選手と契約
・週3日夕方からだけの営業で月商200万円以上
・学生にも関わらず治療オファーがやまず、学校に行きながらも空き時間だけで月商50万円以上
・人口の少ない山の中の田舎治療院にもかかわず、2ヶ月先まで予約でいっぱいに。
・素人の主婦や美容師でも圧倒的な自信を持つ治療技術を身につけ、プロ治療院でも治せない不調に対応。

などなど、治療技術を誰でも向上させることを得意としている。

「関節の痛みのない世の中を実現する」

というビジョンを掲げ、治療家コミュニティを運営し「本当に治せる治療家」の育成に尽力している。

PAGETOP