ブログ
Blog

手の一部分で腰が治る

2020年5月20日 magazine
執筆者:村地友寛

こんにちは。
JTAフラッシュリプロ療法
ナビゲーターの村地です。

前回私がお届けしたメルマガでは
JTAによって患部以外からも
治療できることに少し触れました。

例えば腰痛の人に対して
手首や足首を施術して
治していく、というイメージです。

患部は痛くて動かせない、、、

という時などにも有効ですね!

そんななか、
現在JTAを受講されているメンバーが
素晴らしい報告をされていたので
シェアさせていただきます。

↓↓↓


運動連鎖で患者さんに
ビックリしてもらえました!(^o^)

頸肩部痛と腰の怠さを訴える、
40代、ゴルフ好きの男性

肩の外転保持力と腸腰筋の
筋出力が著しく低下。

JTAを手の尺側と上肢後方やっただけで、
腸腰筋の筋出力が著しく上がりました!

私も患者さんもビックリです!

原因がわかった後は全身やりました。

すると股関節の内旋可動域もめちゃくちゃ改善。

体幹トレーニングはされているので、
まずは関節を安定させるトレーニングの
重要性と体幹トレとの区別を指導して、
セルフも今後少しづつ教えていく事になりました!


九州のM先生、女性の方です。

素晴らしいご報告を
ありがとうございます(^ ^)/

「私も患者さんもビックリです!」

というのがまた良いですよね。

施術の現場でお互いに笑顔に
なっている場面が思い浮かびます♪

あなたもそんな場面を
イメージしてみてください。

お互いに幸せですよね。

今後も笹川先生から役に立つ
治療情報をメルマガや動画で
配信されますので、
チェックしてみてくださいね。

それでは、本日もご覧いただき
ありがとうございました!

JTAナビゲーター
村地友寛

【JTAメルマガの登録はコチラ】

毎週月曜日、水曜日、金曜日に最新のJTA情報を配信しています。

村地友寛

村地友寛(むらちともひろ)

整体師、整体スクール代表、治療家向け教育サポート事業の3つの顔を持つ。教育サポート事業では、「素晴らしい治療法を世の中に広め、治療家業界全体でレベルアップして社会に貢献していく」という思いのもと活動している。

自分自身も過去にJTAを習得し、笹川先生による“これまでの常識を覆す革命的な治癒理論と治療法”に衝撃を受け、世の中に広める活動に協力させていただくことを決意。

治療家がレベルアップすることで、患者さんの喜びも増える世の中を目指して邁進している。

PAGETOP