ブログ
Blog

北海道に帰す計画

2020年6月19日 magazine
執筆者:笹川大瑛

こんにちは!理学療法士の笹川です。

今日はプライベートのお話です。

私の出身が北海道で、もう彼これ
東京に来てから14年になります。
(途中、大阪に2年いましたが)

実家は牧場と農業法人を
営んでいるのですが、後継者は
私になりそうです。

5人兄弟の3男なのに!!(笑)

東京ではとにかく理学療法の
勉強と実践で自分のリハビリの
技術を高めることに没頭していました。

最近ですが、北海道に拠点を移そうかなと考えています。

新型コロナウィルスは
「東京じゃなきゃ仕事できない」錯覚に
陥っていることから目を覚ましてくれました。

自粛で家からでなくても
仕事はできると妻と一緒に
確信を持てたからですね。

自粛期間中は

「自分は本当に何がしたいのか」

ずっと考えていました。

そこで感じたのが
お金になる儲けることをしたいわけじゃない、
ということが分かりました。

ずっと考えて、考えて…

・面白そうか
・チャレンジできるものか
・発信していけるか

ということが自分の仕事の
重要な要素だったんですよね。

そこで、父から

「牧場どうする?」言われたとき
「牧場継ぐのも悪くない」と思いました。

地元・北海道へ帰って
「北海道でバナナ栽培!」とか
チャレンジで面白うそうですし、

そういった情報発信も楽しそう!!と
思って北海道に帰る計画を立て始めました(笑)

今も関節トレーニングを通じて

全世界に体が動く喜びと可能性を
知ってもらうための活動は止めません。

自粛期間中に英語も勉強しており
現在、ネイティブの方とレッスンして
います(笑)

自己紹介を英語でできるくらいになりました。

2年後には英語でペラペラ
理学療法の話をしているイメージはできています。

なので、

関節トレーニングやその治療法は
いずれ全世界に広まっていきます。

アメリカで一緒に広めてくれる
伝手もできました。

と、同時に地元・北海道に
貢献したいという気持ちもあります。

今は関節トレーニングの講師や
治療技術の講師として頑張っていますが
私よりも技術のあるセラピストが育ってきています。

日本で指導者が十分にそろったら

私は北海道で農業か
世界のどこかで講師を
やっていると思います(笑)

今回プライベートのメルマガで
面白くなかったと思いますが、
また近況報告していきたいと思います!

【JTAメルマガの登録はコチラ】

毎週月曜日、水曜日、金曜日に最新のJTA情報を配信しています。

笹川大瑛

笹川大瑛(ささかわひろひで)

剣道五段。スポーツを科学で上達できないのか模索し続けて、現在も理学療法士として姿勢や運動の研究をしている。自分で関節の痛みを改善できる「関トレ」を出版。人の動きを根本的に変えていくことを得意としており、関節の痛みだけではなく、トップアスリートのパフォーマンス向上にも貢献している。

また、治療法としての「JTAフラッシュリプロ療法」を考案し、理学療法士などのリハビリ職種だけではなく、柔道整復師、鍼灸師、整体師、これから整体師になりたい人向けに誰でも関節の痛みを改善させられる技術を教えている。過去の教え子は、国内では北海道から沖縄まで、また、イタリアやオーストラリタなど海外も含めて200名以上。

・JTAを習得して半年後にはプロ野球選手と契約
・週3日夕方からだけの営業で月商200万円以上
・学生にも関わらず治療オファーがやまず、学校に行きながらも空き時間だけで月商50万円以上
・人口の少ない山の中の田舎治療院にもかかわず、2ヶ月先まで予約でいっぱいに。
・素人の主婦や美容師でも圧倒的な自信を持つ治療技術を身につけ、プロ治療院でも治せない不調に対応。

などなど、治療技術を誰でも向上させることを得意としている。

「関節の痛みのない世の中を実現する」

というビジョンを掲げ、治療家コミュニティを運営し「本当に治せる治療家」の育成に尽力している。

PAGETOP