ブログ
Blog

ゆるめる手技だけしていた私が…

2020年7月29日 magazine
執筆者:村地友寛

こんにちは。
JTAフラッシュリプロ療法
ナビゲーターの村地です。

先日、過去にJTAを習得された方に
インタビューをさせていただきました。

久々にお話しができて嬉しかったです!

せっかくなので、
その内容の一部をご紹介
させていただきますね。

「JTAの要点を見事に表現されているな〜」

と感じます(^ ^)

↓↓↓

ーーーーーーーーーーーーーーーー

【質問1】

JTAを学ぶ前の課題は?

【回答1】

これまでは、ゆるめる手技をしていました。

同じような症状でも
治る人と治らない人がいて、

その差がなぜなのか
自分の中で消化しきれていなかったです。

「何か1つ足りないものがあるんだな〜」

と思っていました。

【質問2】

JTAを習得して良かったことは?

【回答2】

これまでは、

・悪いところの筋肉が硬い
・硬いからゆるめる

という発想だったのが、

その1つ前のステップがある
ということを教えてもらえたことです。

硬くなるのは「頑張り筋」だから硬い。

一方で、

サボっている筋肉
「サボり筋」があるから、

そのせいで頑張りすぎて
しまっている筋肉がある、

という説明が腑に落ちました。

そして、
サボっている筋を刺激すれば
頑張りすぎている筋は自然にゆるむ。

頑張って硬くなっている筋を
ゆるめることばかり注目しすぎずに、

「実は原因はもう1つ前の段階なんだよ」

というのが目からウロコで、
教えていただいて本当によかったです。

それと、

JTAではテスト(検査)と
施術が一体化した治療法なので、

テストして施術して
すぐその場で結果が出ます。

治療すると

・筋肉の出力が上がる
・可動域が変わる
・痛みが和らぐ

などがすぐ分かる。

なので、自分がやったことが
合っているかどうかがその場で分かり、
ダイレクトにすぐ治療結果につながる。

なので、治療効果が格段に上がりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

↑↑↑

インタビューの抜粋は以上です。

実際はもっとたくさんの内容が
あるのですが、今回はあくまで
一部のみ抜粋させていただきました。

動画でも撮らせていただいたので、
またいずれかの機会に
シェアさせていただけると思います。

いま治療で課題がある方には、
ヒントとなる視点が
あるのではないでしょうか?(^ ^)

ご回答いただいた愛知県のH先生、
お忙しい中、ありがとうございました!

本日は以上です。

ご覧いただきありがとうございました。

JTAナビゲーター
村地友寛

追伸:

先日からお知らせしているアンケート

今回で最後とさせていただきます。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

=================
「こんな風にしてほしい!」
【JTAセミナーご要望アンケート】
→ https://chiryoka.info/p/r/IwL0AXlL
=================

ご回答いただいた皆様、
たくさんのご意見ご要望を
ありがとうございました!

ご希望に添えるよう、進めていきますね。

■LINE
https://lin.ee/f4TXnTl

※いまLINE登録された方には
・「JTA式セルフケア動画」
・「治療動画」
をプレゼント中!

■YouTubeチャンネル
「関節トレーニング笹川ひろひで」
https://bit.ly/2wD2Lll

■日本JTA協会公式ホームページ
https://jta-ass.com/

■ブログ
https://jta-ass.com/blog/

■メール
jta@realpage.jp

【JTAメルマガの登録はコチラ】

毎週月曜日、水曜日、金曜日に最新のJTA情報を配信しています。

村地友寛

村地友寛(むらちともひろ)

整体師、整体スクール代表、治療家向け教育サポート事業の3つの顔を持つ。教育サポート事業では、「素晴らしい治療法を世の中に広め、治療家業界全体でレベルアップして社会に貢献していく」という思いのもと活動している。

自分自身も過去にJTAを習得し、笹川先生による“これまでの常識を覆す革命的な治癒理論と治療法”に衝撃を受け、世の中に広める活動に協力させていただくことを決意。

治療家がレベルアップすることで、患者さんの喜びも増える世の中を目指して邁進している。

PAGETOP