logo たった12の筋肉で全身の関節痛を改善する治療家サイト

previous arrow
next arrow
Slider
2020年07月10日 magazine

オスグッドは後遺症が残る?

こんにちは! 日本身体運動科学研究所 代表の笹川です。 今日は成長痛の代表格と言える オスグッド・シュラッター病について解説しますね^_^ オスグッドは中学生くらいに発症し、親御さんが 「色んな治療院や病院に 連れて行っても治らなく […]

執筆者:笹川大瑛
続きを読む
2020年07月08日 magazine

とうとう海外出版決定!

こんにちは! JTAフラッシュリプロ療法 ナビゲーターの村地です。 JTA開発者である 笹川先生の本が、とうとう 海外で発売されるそうです! 中国語への翻訳が既に完成されて、 来月8月に台湾で出版決定。 いやー、スゴイですね!! 笹 […]

執筆者:村地友寛
続きを読む
2020年07月06日 magazine

半月板損傷はオペするべきか

こんにちは! 日本身体運動科学研究所 代表の笹川です。 よく患者さんに聞かれる質問です。 「半月板損傷で先生から手術を 勧められたのですが、どうしたらいいですか?」 という質問ですね。 こちらとしても 「手術って言われちゃ。。。」 […]

執筆者:笹川大瑛
続きを読む
2020年07月03日 magazine

物療の威力

こんにちは! 日本身体運動科学研究所 代表の笹川です。 以前にも電気治療などの 物理療法は「かなり有効である」という お話をしました。 私は電気の治療を使って ・仙骨腫瘤の手術で脊髄損傷になった人 (歩行が全くできなくなった人)が、 […]

執筆者:笹川大瑛
続きを読む
2020年07月01日 magazine

続・次期セミナーご要望アンケート

こんにちは! JTAフラッシュリプロ療法 ナビゲーターの村地です。 さて、前回(先週の水曜日)、 私から送らせていただいたメルマガで JTAセミナー次回開催に関する アンケートをお届けしました。 ================ 「 […]

執筆者:村地友寛
続きを読む
2020年06月29日 magazine

脚長差にインソールするべきか

こんにちは! 日本身体運動科学研究所 代表の笹川です。 脚長差が起きやすい疾患は 変形性股関節症です。 股関節が潰れてしまうので 足が短くなってしまいます。 こんな感じです。 ⇒ https://physitech.jp/salon […]

執筆者:笹川大瑛
続きを読む
2020年06月26日 magazine

大腿骨の骨折でいつ運動する?

こんにちは! 日本身体運動科学研究所 代表の笹川です。 リハビリスタッフとして 私が勤務し始めたときに一番怖かったのは 『骨折のリハビリ』です。 ・痛い思いをさせてしまう ・骨にヒビが入ったり、ズレたらどうしよう ・可動域が全然変わ […]

執筆者:笹川大瑛
続きを読む
2020年06月24日 magazine

次期セミナーご要望アンケート

こんにちは! JTAフラッシュリプロ療法 ナビゲーターの村地です。 コロナも少しずつ落ち着いて 街に人が増えてきていますね。 さて、ここのところ 「JTAを本格的に学びたいのですが、  次回セミナーの予定はいかがですか?」 というお […]

執筆者:村地友寛
続きを読む
2020年06月22日 magazine

Qアングルが膝の脱臼をおこす

こんにちは! 日本身体運動科学研究所 代表の笹川です。 今日は若い女性スポーツ選手に多い 膝蓋骨脱臼についてです。 膝蓋骨脱臼は起こしたことがない人は イメージ湧きませんが、膝のお皿が 外側に外れてしまう怪我です。 厄介なのはこれが […]

執筆者:笹川大瑛
続きを読む
2020年06月19日 magazine

北海道に帰す計画

こんにちは!理学療法士の笹川です。 今日はプライベートのお話です。 私の出身が北海道で、もう彼これ 東京に来てから14年になります。 (途中、大阪に2年いましたが) 実家は牧場と農業法人を 営んでいるのですが、後継者は 私になりそう […]

執筆者:笹川大瑛
続きを読む

PAGETOP